栃木県、栃木、歯科、歯科医院、歯医者、よこづか歯科医院

歯科

栃木県足利市からも多くの患者様にご来院頂いています。

いびき治療

いびき治療-スリープスプリント

いびきを習慣的にかいている人は2000万人以上おり、そのうちの約10%の200万人が寝ている間に何十回も 呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群 だといわれております。十分な睡眠こそ健康の源です。
ところが、いびきをかいているのは眠りが浅い証拠で、 その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、 社会生活にさまざまな支障をきたしております。 また、長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと、 高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。 ですから習慣的にいびきをかいている人は一刻も早く 治療を始めることをおすすめ致します。
主な治療法にはスリープスプリントとよばれる歯科装具を使用する方法、 CPAP(シーパップ)とよばれる鼻マスクを通して陽圧空気を持続的に送る装置を使用する方法、 扁桃腺や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法などがあげられますが、 まずは簡便で携帯にも便利な スリープスプリントが最適です。

スリープスプリント

Q&A

Q.スリープスプリントってどんな治療ですか?

スリープスプリント

寝るときに、下の顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで、のどの気道(空気の通り道)がひろがって、いびきや無呼吸がなくなるのです。

Q.スリープスプリント治療の長所は?

A.お口の中に入るほどの大きさですから、出張や旅行に携帯することができます。また、丈夫なプラスチック加工ですから、何年もご使用になれます。

Q.スリープスプリント治療を受けられない人は?

A.歯を固定源にしますので、残っている歯が少ない人(20本未満)にはできません。また、鼻の通りがいつも悪い人や、神経質で寝つきの悪い人にもできません。このような方には別の方法が良いと思われますので、専門病院へご紹介します。(当医院は、市内及び県内の耳鼻咽喉科・呼吸器内科と連携して治療にあたっております)

患者様の声

  • 眠りが深くなった。
  • 朝の目覚めがすっきりし、気分爽快だ。
  • 体を横にすると鼻が詰まりやすく、寝る前は点鼻薬を常用していたが、スリープスプントを装着してから鼻の通りが良くなった。
  • 車中や飛行機に乗ってもスリープスプリントのおかげで、周りのお客さんに迷惑をかけずに気がねなく寝られます。
  • 団体で旅行に出かけても個室をとらずに、みんなと一緒の部屋で寝られるようになりました。
  • CPAP(マスク療法)ではずっと仰向けに寝なければならないけれど、スリープスプリントは横向きでも寝られるので楽だ。
  • CPAPは旅行に持っていけないが、スリープスプリントはポケットに入れてどこでも持っていけるのが良い。
  • スリープスプリントを入れて、肩こりが治った。
  • 日中でも鼻の通りが良くなった。
  • もっと早くスリープスプリントを入れればよかった。
  • 冷え性がなくなった。
  • 血液の循環がよくなった。
  • 体調が良くなった。
  • 昨年一番良かったことはスリープスプリントを作っていただいて安心して眠れるようになったことです。
  • スリープスプリントは私の宝物になりました。