メニュー

ホワイトニング

審美歯科-ホワイトニング

アメリカではもはや常識のホワイトニング。日本でも、歯科医院にて安全な方法で、安心して白い歯を手に入れることができるようになりました。

be9f560c

歯医者さんで歯を白く「オフィスホワイトニング」

即効性があり、1本からできます。漂白効果のある薬剤と光の照射で歯を白くします。短時間で済むのが魅力です。

わずか数分で完了するレーザーホワイトニング

ba979661「epic半導体レーザー」を使用したホワイトニングは、わずか数分で完了します。

短時間で終わるので、知覚過敏も出にくく、施術後の食事制限もありません。ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

レーザーホワイトニングの詳細はこちら

BRILLICA

開口期への取付けはカンタン&スピーディー。BRILLICAスタイルは、照射位置が一定なので、手軽で自由なホワイトニング施術が可能になりました。

軽量なので施術中の患者様の負担を抑えます。非常停止機能付のコントローラでさらに安心。
※光源には発熱の少ないLEDを使用しているので患者様の負担を軽減いたします。

BRILLICAには3つの異なる波長のLEDを搭載しており、400~480nmという幅広い範囲での発光波長域を実現しています。この発光波長域の広さは、光照射タイプの様々なホワイトニング用漂白剤に適応します。

自宅で歯を白く「ホームホワイトニング」

歯に薬剤を塗って漂白することですが、歯科医師の指示のもとに患者さんが自宅で自分のペースで歯を白くすることができます。

NITEホワイトエクセル

アメリカで最もポピュラーなホワイトニングシステム

「NITEホワイト・エクセル」は短期間で安全にかつ効果的いホワイトニングが行えるシステムです。0dee645b

歯科医師により作成された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することができます。

「NITEホワイト・エクセル」ジェルを1日最長2時間使用することにより、素晴らしい効果を得ることができます。

個人差にもよりますが、2週間で輝くような白い歯になります。99088fda

「NITEホワイト・エクセル」の主成分は過酸化尿素です。

日本で初めて厚生労働省により許可された新しいホワイトニングシステムです。

過酸化尿素が配合された「NITEホワイト・エクセル」によって、今まで困難とされたいた着色歯面のホワイトニングも可能になりました。

NITEホワイト・エクセルの使用方法

①注意事項などの説明を受けます。27f4b9d6

 

 

 

 

②口腔全体の診査と適応症についての確認を受けます。7b0675c0

 

 

 

 

③歯科医師又は歯科衛生士により、前処置としての機械的歯面清掃が行われます。94349de4

 

 

 

 

④歯の色の診査を行います。a7d72920

 

 

 

 

⑤あなたの印象採得(歯型をとること)を行います。この印象を用いて「NITEホワイト・エクセル」のジェルを歯の面に保持するためにあなた専用のマウストレーを作製してもらいます。2b41f6ae

 

 

 

 

⑥あとは「NITEホワイト・エクセル」ジェルをマウストレーに注入し、装着するだけです。193f29d1

「NITEホワイト・エクセル」ジェルの必要量には個人差があります。

試適を行って歯科医師によって決められた必要以は使用しないようにしてください。

 

 

 

⑦ホワイトニングは1日2時間以内で、期間は2週間以内となるようにしてください。

マウストレーは使用後洗浄し、清潔に保管するようにしてください。24be77d3

77e5ce79


歯のホワイトニングQ&A

ここではよくあるご質問をご紹介します。

Qなぜ歯は変色するのでしょうか?
  • コーヒーや赤ワイン、カレーなどの色素の濃い飲食物による着色
  • 加齢による歯の黄ばみ
  • 歯の神経が死んでしまった場合
  • テトラサイクリン系(抗生物質)による着色
Qどんな人にでもホワイトニングできますか?

基本的に高校生以上ならOK。

ただ妊娠中や授乳中の人は避けた方がよいでしょう。

歯に亀裂がある人は医師に相談しましょう。

矯正中の人、虫歯、歯周病がある人は、治療のあとのほうがおすすめです。


Q使用する薬剤は体に影響ありませんか?

漂白剤のベースとなっているのは、過酸化尿素もしくは過酸化水素という薬品が使われます。

体への害はありません。

Qホワイトニングした歯が白さを保てる期間は?

ホワイトニングは方法にもよりますが、2~3年くらいは効果が持続。

ただし、定期的なメンテナンスが必要です。

自宅でもメンテナンス用の歯磨剤を使うなどのケアが必要。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME